看護師

男性特有の病気がある|前立腺がんが転移したら

副作用が少ない治療法

看護師

免疫療法は現在、がん治療の新しい方法として盛んに研究が行われ、まだまだ大きな可能性を秘めている治療法です。樹状細胞療法はそんな免疫療法の手段の一つです。この樹状細胞療法はほかの免疫療法とは大きく異なる特徴を持っています。一般的な免疫療法は免疫細胞自体にがんに対する情報を教え込み、免疫細胞を強化させるのが目的です。一方、樹状細胞自体には免疫細胞のような攻撃力はありません。しかし、免疫細胞に情報を提供するという特徴があります。つまり、情報発信側に情報を教え込むというのが樹状細胞療法の大きな特徴なのです。免疫療法の最大の特徴は患者側の負担や副作用がとても少ないという点です。ですから、小さい子供から高齢者まであらゆる人がこの治療を受けることができます。

樹状細胞療法のメリットとはいったい何なのでしょうか。樹状細胞は免疫細胞に対して自分が仕入れた情報を発信する働き、つまり司令塔の役割を持っています。従来の免疫療法では、直接情報を教え込んだ免疫細胞が焼失した場合、その時点でがんに対する免疫力は低下します。しかし、樹状細胞療法は情報をインプットした樹状細胞が生きている限り、新しく生まれた免疫細胞にどんどん情報を教えてくれます。つまり、がんに対する攻撃力が低下することなく長期間持続するのです。樹状細胞療法の治療効果は樹状細胞に情報をインプットするとき、何を教え込むかによって決まります。そのため、この情報源に関する研究もとても盛んです。これらがどんどん解明されれば治療成果はさらに上昇するでしょう。