看護師

男性特有の病気がある|前立腺がんが転移したら

リスクを少なくする療法

男性

負担の少ない検査

近年、胃がんの検査に直接胃内を観察するファイバースコープや錠剤サイズとなるカプセル型のカメラを飲み込むことで、食道から胃体部や十二指腸などを観察し、身体に負担をかけずにハッキリした診断がつく検査機器が評価されています。また近年のファイバースコープは、極細で柔らかく、苦痛も軽いために幅広い年代で受け入れられていますし、性能もよくなり、解像力も魅力の1つですし、外科医も熟練者が検査に携わるために苦しさが少ない点でも支持されています。ポリープの大きさや性状を十分に観察した上で診断されますが、かつてはポリープを見つけ次第、切除する考えが多かったものの、種類によってがん化するものは意外と少ないのもポイントです。安心して観察するにも、経過を見る医師との信頼関係や定期的な検査がポイントですが、死亡率の減少には病院側のサポート体制が特に評価されています。

手術が基本となる治療

胃がんの治療法には外科療法や化学療法、放射線療法などがありますが、胃がんには放射線療法は行われていない点に注意する必要があります。また、抗がん剤による化学療法も大きながんに対しては効果が期待できないことも視野に入れ、治療には外科療法となる手術が基本となることを知っておく必要があります。胃がんの手術では、がんの塊だけを切除するイメージがあるものの、がんを含めて広範囲を切除することが求められています。例えば、がんのすぐ横で切除してしまうことで、断端再発と呼ばれる胃と腸を繋いだ所にまたがんができるため、安全限界を考えた広範囲での切除となります。また十二指腸に近い方の胃の3分の2を切除するのが一般的ですが、顕微鏡レベルの転移がすでにある可能性もある場合には全摘やリンパ節など、胃以外の組織にも手術が及ぶケースも挙げることができます。