聴診器

男性特有の病気がある|前立腺がんが転移したら

副作用が少ない治療法

看護師

樹状細胞療法は、ほかの免疫療法と違い、がんの情報を発信する側に情報をインプットするのが特徴です。このため、がんに対する攻撃力が長期間持続するというメリットがあります。より効果を高めるため、がんの情報源に関する研究も盛んです。

詳しくはこちら

長引く咳には要注意

先生

肺がんは喫煙しない人もかかることのあるがんですが、喫煙者は非喫煙者の10倍肺がんになりやすいと言われています。がんのタイプによっては抗がん剤や放射線治療が効きにくいものもあり、治療が難しいがんです。禁煙するのはもちろんのこと、毎年健診を受けたり自覚症状があれば早めに病院を受診しましょう。

詳しくはこちら

リスクを少なくする療法

男性

胃がんの治療法には、化学療法や放射線療法ではなく、効果がしっかり分かる手術があくまで基本となる療法です。リスクを少なく、患者への負担をかけないための検査や手術が展開されますが、再発や転移などに注意を払った手術が重要視されています。

詳しくはこちら

前立腺で発症するがん

患者

膀胱の圧迫

前立腺がんとは、膀胱と精巣との間にある男性特有の臓器です。そしてここの細胞が、異常な分裂を続けることで増殖していく病気が、前立腺がんです。前立腺がんになると、細胞の増殖により前立腺肥大が生じやすくなります。すると隣接している膀胱が圧迫されることで、頻尿になったり、尿漏れを起こしたり、尿が出にくくなったりすることがあります。逆に言えば、そういった症状が続いている場合には、前立腺がんを発症している可能性があるということです。前立腺の周辺にはリンパ節に加え恥骨もあるので、そういった場所への転移を防ぐためにも、早めに検査を受けることが大事です。具体的には前立腺がんの発見には、超音波検査や血液検査が有効とされています。

進行の度合いと治療

前立腺がんは、比較的ゆっくりと進行していくがんです。そのため定期的な検査によって、早期のうちに発見することが可能となっています。また、早期発見ができた場合には、手術で完治させることができます。周辺組織への転移の可能性を考慮して、念のために抗がん剤治療がおこなわれますが、短期間で済むことが多いのです。高齢者の場合、さらに進行がゆっくりとなりますし、その分転移の可能性も低くなります。そのため治療自体をおこなわず、経過観察のみとするケースも多くあります。発見が遅れた場合には、リンパや血液によって前立腺から離れた臓器へと転移することもあります。しかしその場合でも、もともと進行がゆっくりなのですから、抗がん剤や放射線でさらに進行を抑えることで、生命を長く維持することが可能となります。